家作りの第一歩はココから!

維持管理、更新の容易性

日本での一般住宅の寿命は約30年と言われていますが、長期優良住宅は寿命100年を目指して建設されています。ただし、100年と言えども年数と共に建物は劣化してくるのが普通です。

 

建物の内装や設備などは、構造躯体に比べると耐用年数が短いため、定期的な点検や補修が必要となってきます。その際にリフォームやメンテナンスがしやすいなどの、点検、補修、清掃の維持管理や更新の容易性があることが長期優良住宅の認定基準となります。

 

特にガス管などは劣化したものを使用していると、ガス漏れなどにつながる恐れがありとても危険です。劣化しているかどうかは定期的に点検をして、必要ならば補修しなければいけません。

 

配管の設置は、長期優良住宅の多くではさや管形式を取り入れています。この方法では、実際の配管径よりも大きなパイプを基礎に貫通させておくことで、配管を入れ子状にしてパイプの中に通すやり方です。こうすることで構造躯体に影響を与えることがなく維持管理や、更新時の工事がしやすくなる構造にしています。

 

認定されるためにはガス、排水、給水、給湯などの配管をこの方法で施工することが重要となります。その他にも、キッチンのシンクや浴槽の取り替え、トイレ、床下のメンテナンスも容易であることが基準となります。

 

こうした構造は、将来的にリフォームをする場合にも、床面の補修が容易であることで、施工時間の短縮と工事費用の負担が軽減する作りになっています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市