家作りの第一歩はココから!

売却

長期優良住宅はこれまでの一般住宅の寿命の30年から100年に住宅寿命を伸ばすことで、家族2世代、3世代が長期に渡って快適な暮らしができるように設計されています。

 

そのため、建設においての仕様コストは一般住宅よりも高くなりますが、その後の居住年数を考えれば住宅に関する費用の負担はあきらかに軽減されます。

 

ただ、やむを得ない理由によって住宅を売却する場合もあります。そうした場合には、長期優良住宅であることの資産価値が高い方が売却時には有利になります。

 

もちろん年数を重ねれば劣化する部分が出てくるのは避けられません。そのため、定期的に点検や修復をして、維持保全計画を行うことが必要となります。劣化が表面に出てくる前に、定期的に点検を行うことによって早期修復を行い、快適な住まいを長持ちさせ資産価値を維持ることができます。

 

長期優良住宅を認定された場合には、建設工事が完了した時点から10年に1度は点検をするように「維持保全計画」に記載するようにしましょう。

 

点検や補修が必要となるのは、構造耐力上主要な部分となる基礎や土台、壁、柱などと、雨水の侵入を防止する部分となる屋根、外壁、開口部、そして給水設備や排水設備となる給水と排水の配管設備となります。

 

さらに、地震や台風時の場合には臨時点検を実施する必要がありますので注意しましょう。

 

日頃から将来を見据えてしっかりとしたメンテナンスを行うことで、住宅の資産価値を維持し、売却時のメリットが高くなるようにしておくことが大切です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市