家作りの第一歩はココから!

環境負荷の低減

一般的な日本の住宅寿命は約30年と言われており、これは50年や70年という欧米の住宅から比べるととても短い年数と言えます。そのため、寿命となった住宅は取り壊したりリフォームするしか方法はなく、こうした住宅の建て替えは環境への負荷も大きく、住宅関連の産業廃棄物がとても多くく発生します。

 

もし、住宅の寿命が伸びればそうした廃棄物が少なくなり、地球環境に与える負荷の低減につなげることが可能です。長期優良住宅の普及を促進することは、廃棄物の減少によって環境負荷を低減させることが大きな目的の一つであり、地球の環境対策にとってとても重要な取り組みといえます。

 

環境負荷については、国や地域、企業などで低減するための取り組みが日々様々な形で行われています。

 

個人で気を付けることは、廃棄物をできるだけ抑え、再利用や再資源化できるものを分別していくことが重要です。また、最近では紙類など再生紙を使用しているものも多く、スーパーの袋などプラスチック製ではなく再生紙の紙袋にしたり、無料配布を廃止し、エコバックの持参を呼びかけているところも多く見られます。

 

何気ない日常生活の中で、ちょっとしたことが環境問題につながることが多くあります。こうした環境への問題は、色々な所で取り上げられることで、多くの人に浸透し、一人一人がしっかりと知識を得て気を付けることが大切です。

 

長期優良住宅が一般の住宅として浸透すれば、長期に渡って環境負荷の低減につながり、大きな効果につながります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市