家作りの第一歩はココから!

耐震性

地震大国と呼ばれる日本。多くの人が地震を経験したことがあるのではないでしょうか。

 

その地震で懸念されるのが、家屋の倒壊。もしもの時、今住んでいる家が実際どのくらいの震度まで耐えられるのか不安に思う人もいるかもしれません。しかし現在の耐震性は日々進化し、昔から比べて強化されています。

 

また、マンションや一軒家を購入する際にも耐震性の強い構造であることは、物件を決める上でとても重要なポイントです。ただ、地震などの自然災害の発生は防ぐことができないものですから、地震が起こっても被害を最小限に抑えるようにすることが最も重要です。

 

長期優良住宅として認定されるためには、この地震への耐震性が必要な基準として含まれています。

 

その目的として、「極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易にするため、損傷のレベルの低減を図ること。」と定められており、免震建築物として通常の住宅の1.25倍以上の耐震性を持っていることが必要となります。

 

また、耐震性を判断する3段階の耐震等級のうち、耐震等級2以上であることも認定の条件となります。

 

住宅は丈夫なことに超したことはありませんが、地震の多い地域は特に耐震性を重視した住宅が多いと言えます。住民にとっても耐震性の基準があることで安心して物件を購入し、安心した生活を送ることができます。

 

備えあれば憂いなしということわさがあるように、地震の多い日本では、マイホームに長期に渡って良好な状態で住むために、耐震性の高さは不可欠と言えるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市