家作りの第一歩はココから!

劣化対策

住宅の寿命を伸ばすためには、建物を劣化しにくくすることが一番重要です。長期優良住宅の認定基準では、数世代にわたって住宅の構造躯体が使用できることを目的として、劣化対策の基準を定めています。

 

建築基準法では、劣化対策等級を3段階に分け、建物のレベルを判断することが可能です。

 

評価基準に従って建物の構造部分に使用する木材や鉄筋の劣化を評価し、建築基準法が定める対策が講じられている場合を劣化対策等級1とし、構造躯体が50〜60年程度の約2世代に渡って長持ちする対策を講じている場合は劣化対策等級2、75年〜90年の約3世代に渡って長持ちする対策を講じている場合には劣化対策等級3と評価されるようになっています。

 

長期優良住宅として認定されるためには、この劣化対策等級3のレベルが必要となります。

 

具体的な劣化対策としては、建物の土台となる木材の防腐やシロアリ対策をはじめ、浴室の防水措置、床下の防湿と換気措置、床下空間が330mm以上の確保などがされています。

 

長期優良住宅は、耐久性があり建物が劣化しにくくなることで、家族3世代に渡って建て替えることなく快適に住み続けることができるため、住宅に関する費用の負担が大幅に低減することになります。

 

また、床下の高さを設定するなど、建物の劣化を容易に点検できる措置を行うことで、劣化を早期に発見することが可能となり、早い段階で修理やリフォームをすることができることも大きなメリットとなります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市