家作りの第一歩はココから!

省エネルギー性

長期優良住宅では、建物の断熱化などを目的とした、省エネルギー性が認定基準として含まれています。

 

省エネルギー対策として、必要な断熱性能が確保されているかを評価し、省エネルギー対策等級として1から4段階のレベルに分けられています。

 

長期優良住宅では、1999年の次世代省エネルギー基準の対策等級4レベルが必要となります。その次に1992年の新省エネルギー基準を対策等級3、1980年の旧省エネルギー基準を対策等級2、それ以下を省エネルギー対策等級1として評価されます。

 

対策等級を評価するための基準は、熱損失係数(Q値)を計算して熱の逃げにくさを比較します。その他にも夏期日射取得係数を計算し、値が小さいほど日射が入りにくく、冷房効果が高くなるといった基準で評価することが可能です。

 

具体的な省エネルギー対策としては、屋根や外気に接する部分の壁や床、天井などを断熱構造にすることや、結露の防止対策として、防湿層や通気層の設置をして結露を防ぐ構造設定をしています。その他にも、開口部の断熱構造などによって省エネルギー対策が行われています。

 

最近では、一般家庭以外でも冷暖房の節約をして消費電力を少しでも低くする取り組みをする会社やお店も多く、省エネルギーに対しての関心も深くなっています。

 

自宅でも省エネルギー性に優れた構造であることは地球環境に優しだけでなく、家計の節約になります。長期優良住宅は一般住宅に比べると仕様コストなどから建築費用が高くなりますが、寿命の長い家だからこそ、こうした省エネルギー性であることはとても重要と言えます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市